読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛『いいね!』ブログ pretty "is good" Blog

見て可愛い物を、発信します。 I look and send a pretty article

「日常」と「戦場」

おはようございます引き続き「ヴィンランド・サガ 幸村誠」をお伝えです、今日は第5巻です。

第二王子クヌートを手中に収める目論見を巡らせるアシェラッド。

森を移動しているクヌート軍に迫る「のっぽのトルケル」

トルケル軍に風上になるように、火を放ち森を焼いて行くアシェラッド軍。

水をかぶったトルフィンが王子奪取の為、トルケル軍に単騎で飛び込みます。

トルケル配下の戦士と交戦中、またしてもトルケルと再会。

会話を交わすと、父トールズの事を知っている事が分かりますが・・炎が迫り核心の事はわからずにその場を、王子と配下の物を連れ離れます。

トルケル軍の追撃をかわすための攻防が始まります。

王都に移動の際、クヌートの護衛役になったトルフィン。

同い年ならではの、掛け合いが面白いです。

王子ならではの苦悩も見どころですが、平穏な時間も長くは続きません。

背後に迫ったトルケル軍、アシェラッド軍からも脱走者が出始めます、トルケルの「強さ」に恐れをなしているのです。

そしてトルフィンとトルケルがまたしても交錯します。

ではまた明日✋

ヴィンランド・サガ(5) (アフタヌーンコミックス)