可愛『いいね!』ブログ pretty "is good" Blog

見て可愛い物を、発信します。 I look and send a pretty article

身体の「勘違い」

おはようございます、「Dr・苫米地式の脱洗脳禁煙術」より身体依存のメカニズムを抜粋にてのご紹介です。

なぜ世の喫煙者はタバコをやめることができないのか?

答えは簡単です。タバコに「身体的依存所」があるからです。タバコをやめるためには、何よりもこの身体的依存から脱しなければなりません。

タバコの依存性に深く関係しているといわれているのは、タバコに含まれる「ニコチン」という物質と、脳内の「アセチルコリン受容体」と呼ばれる場所です。

タバコの依存性の原因はニコチンにあるといわれています。では、なぜニコチンに依存性があるかといえば、ニコチンとアセチルコリンは物質としての構造がよく似ているため、アセチルコリン受容体に作用してしまうからです。アセチルコリン受容体にニコチンがくっつくと、脳内でドーパミンが分泌されて、自律神経が刺激されます。しかも、アセチルコリンは脳内で自然に分解されるため、ドーパミンの分泌も次第におさまりますが、ニコチンは分解されません。そのため、アセチルコリン受容体は「アセチルコリンが大量に出ている」と勘違いしてしまい、過剰にドーパミンを分泌します。ドーパミンが過剰に分泌されると、ドーパミン抑制物質であるセロトニンも過剰に分泌されます

ドーパミンは運動を促すホルモンで、意欲や動機を向上させて、脳の運動である思考も促進します。つまり、ヤル気が出て、頭がよく働く感覚を得ることができます。

また、セロトニンは、火っすアミノ酸であるトリプトファンの代謝過程で生成される物質で、精神を安定させる作用があります。セロトニンが分泌されると、人は気持ちがよく、深いリラックスを感じます。タバコを吸っている人たちは、こうしたドーパミン感覚、セロトニン感覚を味わいたいがためにタバコを吸っているのではないでしょうか。

受容体のセンサーみたいなものが「勘違い」しているんですね、そういった風に人間は反応するのですね。

私も過去に喫煙していたので、わかりますが・・・

ご興味がある方は、kindleでご一読おススメです。

非常に深い見識が役に立ちます。

では長文お付き合いいただきありがとうございます。